ボヤージュ日記

voyage1025.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:映画( 2 )

映画『マリー・アントワネット』

f0118932_1929583.jpg

 映画『マリー・アントワネット』を観てきました。
この映画、好きな人と嫌いな人に別れるみたいですね。だけど私、それでいいと思うの。だって、みんなに好かれるように無難に作られた映画って逆につまんなかったりするでしょう。それよりも個性がはっきりでている映画のほうが、私は好き。

 ソフィア・コッポラ監督の『マリー・アントワネット』は、スゴくキュートで、ファッショナブル、女性の感性でつくられた映画でした。

 歴史映画とか、正確な史実を期待して見に行ったら、完全な期待はずれになるので御用心。音楽もロックやテクノが使われていたし…色も、現代的なピンクや水色がたくさん使ってあって、仮面舞踏会のシーンなんかもかなり現代風・・・

可愛いケーキや靴、宮殿や広大なベルサイユの庭等ビジュアルを楽しむ映画、ゴージャスなファッションショーとしてみると、とっても楽しめます♪

「カンヌ映画祭でブーイングが起きた」とか事前に読んでいたので、ある程度、覚悟していったんですが…私は意外にもこの映画、好きでした。星4つ★★★★つけます♪
[PR]
by voyage1025 | 2007-01-22 18:58 | 映画

ジェームズ・ボンド

今日は映画の話題です。
昨日「007 カジノロワイヤル」見に行きました。
プレミアを見に行ったヴィゴ友が「案外 面白かったよ」って言ってましたので(笑)
ヴィゴ友情報によると、脚本は「クラッシュ」や「ミリオンダラーベイビー」「父親達の星条旗」のポール・ハギス。監督は「007ゴールデンアイ」のマーチン・キャンベルということなので、ちょっと期待して…(笑)

6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグは
見る前は正直言って全然ボンドのイメージじゃないと思ってました。

だって「シャープ2のイーグルを奪え」の時は悪役で、
シャープにメチャクチャ殴られてた人なので、悪役のイメージで
「ダニエル・クレイグがやるくらいだったら
 ショーン・ビーンにやらせてよ〜〜〜〜!!!」って(笑)

でもダニエル・クレイグのボンド…意外にも良かったです。

ダニエルは筋肉ムキムキでスゴいタフなの!
シーョンには、あそこまでのタフさはないもんね。
もちろん色気ではショーンの大勝利ですけど…(笑)

最近の007って、ただの派手なアクション映画になってたけど、
今回の007は正統派のスパイ映画って感じでした。

ウィキペディアでスタッフとか調べてたら、今回のボンドの候補者が載ってて
ヒュー・ジャックマンとかクライヴ・オーエン、エリック・バナに混じってオーランド・ブルームの名前があったので笑っちゃいましたよ〜
だってオーリーのボンドだったらコケるの間違いなしだもん(爆)

あっ私、ショーン・ビーンとヴィゴ・モーテンセンの次にオーリーが好きです。
f0118932_104775.jpg
f0118932_1071275.jpg

[PR]
by voyage1025 | 2006-12-08 13:11 | 映画
line

旅と写真と映画が大好きな ボヤージュの日記です。mixiでもボヤージュです。


by voyage1025
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30