ボヤージュ日記

voyage1025.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:イタリア( 7 )

YOU TUBE ヨハネ・パウロ二世

f0118932_0393554.jpg
YOUTUBEの中を、あっちこっちお散歩していたら、こんな画像をみつけました。
ヨハネ・パウロ二世の "ABBA PATER" は私の大好きなCDの中の一枚です。
ヨハネ・パウロ二世というのは、2005年に亡くなった前ローマ法王です。

この映像の中で、なんといっても大好きなのは後半、2分過ぎのところから始まるヨハネ・パウロ二世自身が歌う「主の祈り」。何度聞いても、胸が熱くなります。

もちろん私はカトリック教徒ではないけど、このCDは、ヨハネ・パウロ二世が、信者だけではなく全世界の人々に向けて発信した愛と許しと和解と平和のメッセージです。

私は偶然にも、前法王のミサに出席したことがあります。
1998年の1月だったと思うんですけど…ローマのサンピエトロ寺院を見学に行こうとしたら寺院のまわりは、スゴい人だかり…
おまけに寺院の中に入るのに、空港並みのセキュリティチェック…カバンのチェックもあったし、金属探知の検査もあったの。

あたしは、「何? 何なの???」って、ワケも解らず中に入ったら、ヨハネ・パウロ二世のミサがあっていたんです。

あのときの荘厳な雰囲気は、忘れることができません。
それから、法王の大ファンになってCDも持ってるってわけです。(笑)
you tubeよかったら聴いてみてネ。ヨハネ・パウロ二世の歌には、感動ですよ♪

f0118932_0452862.jpg
二枚目の写真は『ラ・フォリア』のCD。これも大好きなCDの中の一枚。実はこのCD、今年の旅行中、ベルサイユ宮殿で見つけて買ってきたモノです。

『ラ・フォリア』は、もともと好きな曲で、CD 何枚も持っているんだけど、ベルサイユ宮殿で、遭遇したフォリア…「これは、買うしかない!」って…買ってしまいました。

フォリアっていうのは、イベリア半島起源の舞曲の名前で私は、このダンス、少しだけ習ったことがあります。(私、踊るのも大好きですから)   
フォリアのステップです

旅先では、あんまりお買い物ってしないんだけど、CDだけは、必ず何枚か買ってきます。たとえば、ポルトガルだったらファド、オーストラリアだったらアボリジニの音楽…というふうに、その土地ならではのCDをね。音楽を聴くと、一番、その場所を思い出せますもの。

グレゴリオ聖歌や古楽やクラシックからロックまで…音楽って大好きです。広く浅くですけど…(笑)
f0118932_15413710.jpg

[PR]
by voyage1025 | 2007-03-31 09:30 | イタリア

ヴェネツィアの写真 2

ゆらゆらと揺れる水面に映る景色・・・いつまで眺めていても飽きません・・・
f0118932_18232390.jpg
f0118932_18361787.jpg

[PR]
by voyage1025 | 2007-02-21 18:03 | イタリア

ヴェネツィアの写真(1)

f0118932_18324159.jpg

 夜ホテルにもどる途中見つけた仮面のお店です。
 薄暗いショーウインドウの奥に繰り広げられる仮面劇に、ドキッとしました。


f0118932_1131153.jpg

 ヴェネツィアングラスのお店のショーウインドウに映る建物が面白かったので、
 シャッターを押しました。
[PR]
by voyage1025 | 2007-02-12 18:22 | イタリア

霧のヴェネツィアが好き!

f0118932_1615083.jpg

 初めてのヴェネツィアですっかり、夢幻のようなヴェネツィアの虜になってしまって、2002年の冬に二度目のヴェネツィアに行きました。
「夢幻の世界をもう一度」ってネ。

なのに、二度目に行ったヴェネツィアは、冬だというのにとってもお天気がよくて、滞在中一度も霧なんてかからないの。
柔らかい冬の陽射しが綺麗だったけど、幻想も魔力も退廃も感じられないの。お天気であんなにイメージが違うなんて・・・

f0118932_16233399.jpg
f0118932_16242117.jpg
f0118932_16311756.jpg

もちろん、キラキラ光の中のヴェネツィアも素敵でしたけど。
私は霧の中の幻のようなヴェネツィアをもう一度見たいです・・・
[PR]
by voyage1025 | 2007-02-10 19:41 | イタリア

冬のヴェネツィア

「旅行が好き」というと、いつも聞かれます「何処が一番好き?」って…
パリや南仏、マルタ島やエーゲ海…好きなところはたくさんあるけど、だけど一番好きなところは、多分ヴェネツィア…

ルキノ・ヴィスコンティ監督の映画「ベニスに死す」を見てずっと憧れ続けていたヴェネツィア…初めてヴェネツィアに行ったのは1998年の冬。

夜遅くヴェネツィアの空港に着いて、夢の中にいるような感覚のまま水上タクシーでホテルに着きました。
以前は修道院だったアバッツア(修道院)という名前のホテルは、スーツケースも開けないくらいの小さな部屋でしたが、ロビーや食堂などいろんなところに修道院の名残が残っている、こじんまりとした居心地のいいホテルでした。すぐ隣にある教会の鐘の音と運河の水音と小さな中庭が印象的なホテルでした。

ヴェネツィアに着いた翌朝は、濃い霧でした。
グランカナル(大運河)を、水上バスで渡りました。頬にあたる霧が心地よく、濃い霧の中から次々に幻のように現れてくる荘厳な建物は圧倒的な美しさで、千年前の姿のまま霧に守られているんじゃないかと錯覚したくらい幻想的な光景でした。
f0118932_1615927.jpg


三島由紀夫の『外遊日記』の中に『冬のヴェニス』という短いエッセイがあります。
以下は三島の『冬のヴェニス』からの引用です。
・・・・・・・・・
どんなことをしても訪れるべき土地である。こんな奇怪な町、独創的な町が、地上にまたあろうとは思われない。
 第一にそれは退廃している。救いようがないほど退廃している。私はデカダンスというものの、こんなにも目にありありと映る実体を見たことがない。
・・・略・・・
 建物がまた、健全な趣味の簡素な建築ではなく、バロックまがいルネッサンスまがいの装飾過剰のものばかりだから、こうした町の印象は、老貴婦人が、ぼろぼろのレエス、裾の腐りかけた夜会服を身にまとって、立ったまま死んでゆくのを見るようである。・・・・・               三島由起夫『冬のヴェニス』より

ヴェネチアを「立ったまま死んでゆく老婦人」とたとえるなんて…いかにも三島らしい凄いたとえです(溜息)
f0118932_16154747.jpg
f0118932_1881611.jpg


この写真はイタリアで現像したものです。日本でプリントしたモノとずいぶん色や質感が違うんですよ。
[PR]
by voyage1025 | 2007-02-09 22:50 | イタリア

私の好きな街(冬のヴェネチア2)

霧の朝のヴェネチアは「圧倒的な美しさ」でした。

海と霧雨の間に、千年の濃密な時の流れをまとって荘厳なまま朽ちてゆく建物・・・

霧の中のヴェネチアは、夢幻の世界のようでした。

f0118932_0394381.jpg

[PR]
by voyage1025 | 2006-11-30 00:38 | イタリア

私の好きな街(ベニス1)

空港から水上タクシーに乗って、夜のヴェネチアに着きました。

黒く光るさざ波と水音、人々のざわめきと、雨上がりの石畳に家々のオレンジや黄色い灯りが反射して、街全体がたくさんの小さな宝石をちりばめたように、輝いていてました。

なんだかお祭りのような華やぎに、まるで夢の中にでもいるような不思議な幸福感を感じました。
f0118932_15393473.jpg

[PR]
by voyage1025 | 2006-11-28 15:40 | イタリア
line

旅と写真と映画が大好きな ボヤージュの日記です。mixiでもボヤージュです。


by voyage1025
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28