ボヤージュ日記

voyage1025.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

好きな場所・・・

前回、パリに来たときも、まったく同じ場所で同じような写真を撮っていました(笑)
多分、好きな風景・・・
f0118932_21315931.jpg

[PR]
by voyage1025 | 2007-01-30 21:25 | フランス(パリ)2007

パリへの憧れ…

子供のころから、物語や映画で、ずっと憧れ続けていたパリ…
パリに初めて行ったのは、18年前…

初めてのパリは、華やかで美しく、そして少し冷たかったです。
パリのことをあまり知らない頃、美術館で閉館時間前に追い出されそうになり、悲しくて涙を流したこともありました。

でも、パリの流儀と個人主義というものさえ理解しちゃえば、とても自由で懐の深い街・・・

行く度に、魅力も憧れも増す街です。
いつかぜひ、アパルトルマンを借りて、長期滞在をしてみたいと思っています。
f0118932_0272726.jpg
f0118932_0382496.jpg
f0118932_0574187.jpg

[PR]
by voyage1025 | 2007-01-30 00:22 | フランス(パリ)2007

天気予報は雨だったけど…

旅行の前に気になるのが、旅行先のお天気。
出発前に、ネットでパリの天気予報をチェックしては溜息…天気予報は毎日毎日曇りのち雨…
「まぁ…冬だからしょうがないや…」と諦めて出発したんだけど…

パリに着いた翌日、この青空〜!見ているだけで嬉しくなってしまうような青空!
太陽も青空も諦めていただけに、スゴーく嬉しかったです♪
f0118932_15595548.jpg
f0118932_16035100.jpg
f0118932_16181.jpg

[PR]
by voyage1025 | 2007-01-28 16:01 | フランス(パリ)2007

モンパルナスのカフェ

 20世紀の初めアポリネールやボードレール、ヴェルレーヌ、ピカソやマティス、シャガール、モディリアーニやコクトー、ストラヴィンスキーやサティ等、ボヘミアンな芸術家達のたまり場として有名なモンパルナス・・・
メトロのヴァヴァン駅の周辺には、彼らが芸術談義に花を咲かせていたという伝説のカフェ『ル・ドーム』『ル・セレクト』『ラ・クーポール』『ラ・トロンド』があります。

せっかくモンパルナスに泊まったのだから、その伝説のカフェにいかないわけにはいきません。
 
f0118932_14574948.jpg
f0118932_14582040.jpg

どのカフェに入ろうか迷ったんですが、ピカソやブラック、モディリアニやキスリングが常連だったという、レ・ドームというカフェにしました。

f0118932_15202647.jpg

写真上段左 コクトーが常連だったル・セレクト
  上段右 ラ・ロトンド(この建物の一室で、ボーヴォワールが生まれたそうです)
  下段左 ラ・クーポール
  下段右 メトロのヴァヴァン駅周辺
[PR]
by voyage1025 | 2007-01-26 22:51 | フランス(パリ)2007

ノートルダム寺院

パリの中でも、特に好きな場所です。
f0118932_1115754.jpg
f0118932_1123165.jpg
f0118932_1161774.jpg


パリで最も壮麗な建物のひとつ、ノートルダム寺院。
1163年に起工され1320年頃完成した、ゴシック建築の大聖堂です。

「ノートルダム大聖堂のバラ窓に深く感動した人には、必ずまたバラ窓をみる機会が訪れる」と言われているそうです。
[PR]
by voyage1025 | 2007-01-26 01:12 | フランス(パリ)2007

ヴェルサイユ宮殿2

ヴェルサイユの素晴らしさは、いうまでもありませんが…特にステキだったのは、そのお庭。
写真はヴェルサイユ宮殿の離宮、プティ・トリアノンの庭園の一角にある「村里」…
f0118932_19501764.jpg

水車がまわり、ヤギや水鳥や鶏が遊ぶのどかな場所です。
映画「マリー・アントワネット」の中にもでてきましたネ。宮廷生活に疲れたマリー・アントワネットの心を癒した場所です。
[PR]
by voyage1025 | 2007-01-25 16:21 | フランス(郊外 地方)2007

ヴェルサイユ宮殿

RER(高速郊外鉄道)でパリ郊外のヴェルサイユ宮殿に行ってきました。
写真上段はRERのChamp de Mars Tour Effel 駅
  下段はVersailles Rive Gauche 駅
f0118932_16344244.jpg

ヴェルサイユ宮殿は1682年、ルイ14世によって建てられた宮殿です。
ありとあらゆる装飾を施し、贅沢の限りをつくした宮殿です。
f0118932_16351368.jpg

[PR]
by voyage1025 | 2007-01-24 16:35 | フランス(郊外 地方)2007

映画『マリー・アントワネット』

f0118932_1929583.jpg

 映画『マリー・アントワネット』を観てきました。
この映画、好きな人と嫌いな人に別れるみたいですね。だけど私、それでいいと思うの。だって、みんなに好かれるように無難に作られた映画って逆につまんなかったりするでしょう。それよりも個性がはっきりでている映画のほうが、私は好き。

 ソフィア・コッポラ監督の『マリー・アントワネット』は、スゴくキュートで、ファッショナブル、女性の感性でつくられた映画でした。

 歴史映画とか、正確な史実を期待して見に行ったら、完全な期待はずれになるので御用心。音楽もロックやテクノが使われていたし…色も、現代的なピンクや水色がたくさん使ってあって、仮面舞踏会のシーンなんかもかなり現代風・・・

可愛いケーキや靴、宮殿や広大なベルサイユの庭等ビジュアルを楽しむ映画、ゴージャスなファッションショーとしてみると、とっても楽しめます♪

「カンヌ映画祭でブーイングが起きた」とか事前に読んでいたので、ある程度、覚悟していったんですが…私は意外にもこの映画、好きでした。星4つ★★★★つけます♪
[PR]
by voyage1025 | 2007-01-22 18:58 | 映画

『ダ・ヴィンチ コード』と逆ピラミッド

f0118932_095041.jpg

映画『ダ・ヴィンチ コード』 前評判はスゴかったのに…結局コケちゃったのかな?
私は、ヨーロッパの美術館や教会が好きなので、『ダ・ヴィンチコード』は、原作も映画も旅行気分で楽しめました(笑)

昔からレオナルド・ダ・ヴィンチが好きで、ルーブル美術館の『モナ・リザ』や『岩窟の聖母』、フィレンツェ・ウフィッツ美術館の『受胎告知』も、ミラノ・サンタ・マリア・デレ・グラツィエ教会の『最後の晩餐』も、観たことがあります。ロンドンのウエストミンスター寺院にも行ったことあるし・・・

なのに、あの小説の鍵となる肝心の逆ピラミッドの印象がないんです…(ルーブルで見た筈なんだけど…よく覚えていない…)ということで、せっかくなら『ダ・ヴィンチ コード』を極めようと、逆ピラミッドを確認するためルーブルへ行ってきました。(ミーハー者です)
f0118932_0102970.jpg

写真はルーブルの逆ピラミッド
[PR]
by voyage1025 | 2007-01-20 23:54 | フランス(パリ)2007

セーヌ遊覧

 気軽なセーヌ遊覧なら、バトービュス♪ これは、水上観光バスみたいなもの。
ノートルダムやルーブル、オルセー、エッフェル塔、シャンゼリゼ等、主要な観光地で停まって、一日乗り放題で11ユーロ。
いろんな国からの観光客が利用していて、まわりじゅうオノボリさんなんで、とっても気楽です(笑)
観光で歩き疲れたら、バトービュスに乗って、の〜んびり河岸をウォッチング・・・
お天気もよく、ガラス張りのバトービュスのなかは温室みたいに暖かくて…
気が付いたら一周半してました♪

f0118932_0202314.jpg

[PR]
by voyage1025 | 2007-01-19 23:10 | フランス(パリ)2007
line

旅と写真と映画が大好きな ボヤージュの日記です。mixiでもボヤージュです。


by voyage1025
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー